教育・子育て

【やっててよかった!】Z会中学受験コース

実は小学生対象のZ会、普通コースの他に3年生から「中学受験コース」があるのをご存じですか?
その名の通り、中学受験を意識した選りすぐりの問題となっております。

通塾せずに通信教育だけで中学受験できるの?

中学受験コースは、紙とデジタルの両方の機能と特長を生かして
「わかる・続く・伸びる」工夫を随所にめぐらした教材と、総力戦を支援するきめ細かく手厚いサポート体制で、お子さまと保護者の方を合格までしっかりバックアップしていきます。

これまでほとんどの通信教育で実現できなかった難関国私立中学合格を可能にします。

出典: Z会ホームページ「中学受験コース」

中学受験コースの特徴

Z会中学受験コースでは、「トータル指導プラン」「塾併用要点学習プラン」を提案しています。(我が家は「トータル指導プラン」を受講)

受講開始と同時に志望校の入力があり、6年生専科では難関国私立中学入試でよく出題されるものの、対策のたてにくい分野を集中的に演習する「頻出分野別演習」、最難関のうちの開成、灘など6校の対策をする「志望校別予想演習」の2つの講座で、より万全の入試対策を実現します。

出典: Z会ホームページ

学習の流れ

①理解する

講師が要点の重要ポイントを丁寧に動画で解説します。

受験コースでは、「映像授業(動画)+授業ノート(テキスト)」を効果的に組み合わせています。

普通コースの「タブレット受講」はテキストに書いてある説明文やイラストがタブレット表示されるだけで、受験コースのような動画は含まれていません。この映像授業は中学受験コースのみに提供されています。

②問題演習

*「トータル指導プラン」のみ

Z会のノウハウを中学受験に最適化させた学習プログラム。国語の長文読解はどうしてもタブレットでは読みにくいようで(問題を解きながら、振り返りにくい)、問題集は紙面で助かります。

算数の「計算ブック」は市販の問題集とは比べ物にならないほど厳選された問題が多く、これを手に入れられただけでもとても良かったといえるアイテムです。

③添削課題

*「トータル指導プラン」のみ

練習問題と同レベルの問題のほか、発展問題も含まれています。
これはZ会すべての添削についていえることですが、添削がとても丁寧でポイントを押さえてあります。わからないところは、タブレットや会員ページで質問できます。

受験コースの対象校

東京都内対象受験校の一例

出典:Z会ホームページ

その他の都道府県に関してはこちらを参照ください。

受講料金

<参考>

小学3年生 1教科あたり 3,960円/月
塾併用要点プラン 1教科あたり 1,683円/月

小学6年生 1教科あたり 5,720円/月
塾併用要点プラン 1教科あたり 2,431円/月

詳しくは「中学受験コース」→ 該当学年の受講費を参照ください。

資料請求はこちら

科目別コメント

国語

・Z会の最大の魅力ともいえる国語の読解でとりあげられる文章がとても良質は中学コースも変わりません。読解問題に加えて「自分で考えて書く」という問題が増えました。

・ことわざ、四字熟語、文法についての解説が省かれていることが多く、別に親または参考書などでフォローが必要です。

・問題は厳選されているため、繰り返されることもありません。漢字もサラッと終わってしまうので、別に問題集で細かくフォローをした方が良いでしょう。夏休みなどには「漢字ブック」が別冊で届きますが、これで十分とはいえません。

算数

問題は少ないものの、難易度は普通コースよりもグッと上がるため、算数が得意な子でないとすべての単元を1人でこなすのは難しいかもしれません。

受験コースを始めるまで、算数でつまづくことがなかった娘も、一度では理解できず動画による授業解説を何度か観直していました。(この授業解説動画が、中学受験コースの特徴です)

理科

教科書などで説明しても、記憶に残りにくい現象も、実験を行ったり、実際にできなかったとしても動画で様子を視覚でとらえることで、子どもの理解はずいぶんと深まります。

理科に関しては特に中学受験コースの3年生は家でやってみる実験が多いので、忙しいご家庭には負担になるかもしれませんが、我が家は娘が幼少の頃から理科の実験はとにかくやらせていたので、逆に実験の方法が丁寧に説明されていて助かりました。海外にいると実験の材料も手に入りにくいので、100円ショップが身近にある日本の方々が正直うらやましかったです。日本の子どもの理科の理解力の高さはこういった細かい実験や観察をするからではないかと感じます。

社会

全体的に問題を厳選するZ会の特長が、逆に「これだけで受験大丈夫?」と不安につながってしまう教科が社会でした。問題は良質ではあるものの、暗記がベースになっている問題が多い社会では、やはり量が必要となってきますのでZ会だけでは少ないかもしれません。志望校の傾向をちゃんと分析し、必要に応じてフォローしてあげてくださいね。

まとめ

通信教育だけでここまで受験対策をされているのはさすがZ会といったところです。我が家のように、中学受験を予定はしていないものの、普通コースでは少し物足りないと感じているお子さんにもピッタリです。

科目別頻出分野別演習、難関校別予測練習なども提供されていますので、ぜひチェックしてみてください。